FTCラメラゲルがいい加減な化粧品だと@コスメの暴露話に驚愕!?

ラメラゲルは君島十和子さんが自らのお肌で実証した厳選された約50種の美肌成分にで

プルップルの十和子肌になれると凄く売れているオールインワンゲルなんです。

一度使用した方のなんと90%近くの方がリピートするという、驚異のリピート率を誇るラメラゲル。

そんな、大人気のラメラゲルだからこそ購入前にあのサイトで確認してみようと思ったわけです。

そのサイトとは、@COSMEというサイト。どんなサイトかと言うと…

@COSMEってどんなサイトなの?

化粧品・コスメに関する役立つ情報を提供してくれる心強いサイトです。

私は、気になる化粧品のクチコミランキングをチェックしたりしていますが、

スキンケアやメイクの疑問を質問することもできるのもとってもありがたいです。

他には、オリジナル商品の企画に参加できたり、美容に関するお仕事に関する情報や、

@cosmeは実際に店舗展開もしているので、お店からのお得な情報も発信されてという

あらゆる角度からおもしろい情報を提供しているサイトなんです。

1999年の開設時からアットコスメの利用者数は右肩上がりに拡大してきてて

いまや20~30代女性の3人に1人が日常的に利用するサイトとなったといいます。

私は40台ですが。。。

@コスメを運営する母体のアイスタイルと言う会社全体の売り上げは320億円にも上るとか!

化粧品やコスメ関係のことならここでほぼ分からないことはないはずだわw

なので、こちらでラメラゲルについて口コミを中心に情報収集することにしました。

ラメラゲルに対する無視できない口コミが@コスメにあった件

@コスメにおいてもラメラゲルの評価は非常に高くて、オールインワンゲルの中では

最上級の賛辞が95%と言う感じだったのですが、ふと、その中で異彩を放つ苦言を呈する

1人の女性がいらっしゃったのです。まず、この方自身も実際にラメラゲルに対してはこう評価の

コメントをされていました。で、最後に総評されていたコメントの1つは、

「乳化方法(ラメラ構造)にこだわりがあると、肌へのなじみ方が違うな~と思いました。

角質層がしっかりうるおうから、軽い使用感でも乾燥が気になりませんでした。」

ですが、その次にこのようなコメントをされているのです。

「ただ1つ気になるのが、グレープフルーツとレモンの果皮油を使用しているところ。

光毒性のあるフロクマリンフリーなのかどうか気になるのに書いてないし、そもそも

肌にやさしい成分とは思えないのに、敏感肌にやさしい使い心地とサイトには書いてある。

そんないい加減な化粧品は世の中にたくさんありますが、君島十和子さんが開発している

コスメでやられると、ちょっとがっかりしちゃいます。」

もう購入の意思がほぼほぼ固まった直後にこの口コミを見て呆然としました。

とにかく光毒性についてとフロクマリンについて調べてみることに!

≪FTCラメラゲルの公式サイトで確認する≫

ラメラゲルFCの成分は光毒性とは?フロクマリンフリートとは?

精油の中には、肌についた状態で紫外線に当たると、皮膚にダメージを与える

「光毒性」という作用を持つものがあるのだそうです。

光毒性のある精油を実際に肌につけて光にあたった場合、どうなるのでしょうか?

原液もしくは濃度の高いものを肌につけて、紫外線にあたった場合には、

精油の中に含まれるフロクマリン類という成分が紫外線のエネルギーを蓄積し、

一度にそのエネルギーを皮膚内に放出するため、短期間で強いタンニング、

すなわち日焼けを起こすのです。いわゆる火傷と同じことですから、

皮膚にシミとして残ったり、皮膚の組織を損傷したりしてしまうのです。

実は、ラメラゲルFCの中には光毒性のある成分の「グレープフルーツ果皮油』と

「レモン果皮油」の2種類が入っているのです。

しかし、その種類により高毒性を発揮する希釈濃度には違いがあって、

1%未満であればグレープフルーツやレモンも問題はないということです。

しかしながら、濃度についてはFTCからも公開されてはいません。

とは言え、厚生労働省の認可なしに製造などできようはずもないので、

考え方としては、フロクマリンフリーのもの使用か、希釈濃度基準値内の

精油が使用されているとみなされます。

これについては、今度FCTに電話で問い合わせしてみようと思います。

まとめ

@コスメ恐るべし。。。というか、そこに気づくサイト訪問者凄げー!

これから、日焼けするにもその前に気をつけなくちゃ!